沖縄の太陽をたっぷり浴びたサトウキビを原料に、こだわり抜いた美味しい黒糖を全国へ
沖縄産の手造り黒糖【上地屋】
美味しい手造り黒糖上地屋
トップページに戻る 上地屋の黒糖の商品説明 会社概要 上地屋黒糖オンラインショップ お問い合せ  
(有)上地屋 会社概要

手造り黒糖工房・上地屋

 

ようこそ上地屋へ、アクセスいただき誠にありがとうございます。

弊社は1984年(昭和59年)6月、沖縄の黒糖をより多くの人達に親しんでいただきたい一念で、主に県外へ向けた黒糖の販売会社を設立しました。
当時は健康食品ブームのはしりで、ミネラルの多い黒糖が注目され始めました。ところが数多く出荷するうちに沖縄の人達がお茶菓子として親しんでいる黒糖は、実は県外の方にはあまり認識が無く、板状の黒糖はとてもお菓子には思えないとのお声が寄せられお答えするのに大変苦慮いたしました。

そこで、板状の黒糖をお菓子感覚に近づく為にひとくちタイプの形を提案し、それを個包装にするよう仕入先の黒糖工房にお願いいたしましたが、これまでに無い未知の製法なので無理だと断られてしまいました。それでは自分でやるしかないと無謀にも製造工場を翌年の1985年(昭和60年)に建設し、幾多の試行錯誤の結果、県内で初めて黒糖をひとくちの小粒タイプ個包装の製造販売を始めました。

また、砂糖の最高級として和三盆糖があげられますが、弊社では沖縄風味の和三盆糖を
“尚和三盆糖”と称して発進いたしております。

黒糖は、1662年中国より琉球国に伝来してきた“さとうきび”を原料に製造いたしております。明治以降、沖縄の基幹産業として重要な地位にありました。その伝統をまもり、ミネラル豊富な沖縄の黒糖が長寿健やか食生活のお役に立てることを願い、日本全国、世界中の人達に黒糖の良さを普及して参りたいと存じております。

どうぞ、沖縄の黒糖をいろいろにお試しくださいまして日頃の食生活にご愛用頂きますよう宜しくお願い申し上げます。


有限会社 上地屋
代表取締役社長
上地 克史

会社概要

商   号 (有)上地屋 
代 表 者 上地 克史 
住   所 〒901-0503 沖縄県島尻郡八重瀬町字新城1031番地
TEL 098-998-6240
FAX 098-998-6058
Email uechiya@ivory.plala.or.jp 
設   立 1984年7月
資 本 金 1,000万円
従業員数 15名
取引銀行 琉球銀行、沖縄県農業協同組合
事業内容 一貫して沖縄県産黒糖を原料とした商品を製造販売。
商品種目 黒糖菓子、ピーナッツ黒糖菓子、大豆黒糖菓子、尚和三盆糖
琉球干菓子、加工粉黒糖,PB商品
取引業者 コーラルバイオテック株式会社、三菱食品株式会社
(株)沖縄県物産公社、(株)沖縄物産企業連合
森永製菓(株)、三井食品株式会社、オキコ株式会社
 

アクセスマップ・地図


大きな地図で見る

わしたショップ国際通り本店
沖縄県那覇市久茂地3-2-22 JAドリーム館 [ HP ]
ドンキホーテ国際通り店
沖縄県那覇市松尾2-8-19 [ HP ]
パイナップルハウス
沖縄県那覇市鏡水684-1 [ HP ]
道の駅いとまん
沖縄県糸満市西崎町4-19-1 [ HP ]
おきなわワールド
沖縄県南城市玉城前川1336 [ HP ]
がんじゅう駅
沖縄県南城市知念字久手堅541 [ HP ]
沖縄宝島
沖縄県島尻郡南風原町字宮平264イオン南風原店1階 [ HP ]
プラザハウス
沖縄県沖縄市久保田3-1-12 [ HP ]
ハッピーモア市場
沖縄県宜野湾市志真志1-247-1 [ HP ]
琉球村
沖縄県国頭郡恩納村山田1130 [ HP ]
大家(うふやー)
沖縄県名護市中山90 [ HP ]

※一部取り扱いの無い商品もございますので不明の際は上地屋までお問い合わせ下さい。
このページのトップに戻る
工場長のおすすめ
美味しい歯応えピーナツ黒糖
個別梱包で最後まで美味しく食べられます
ミネラルたっぷりの粉黒糖
上地屋のブログはこちらから
上地屋の黒糖 取扱店一覧
業務用商品のご紹介
HOME | 上地屋の黒糖 | 会社概要 | オンラインショップ | お問い合わせ | サイトマップ